モンスターぞうきんを作って「ぞうきんがけ デス・レース2000」の開幕だ

子どもとくらす

ぞうきんがけは、競争にすると盛り上がる。「レース開幕だ!」と声をかければ、まんまと子供たちもぞうきんを手にとりレースに参戦し、床がピカピカになるまで駆け回る。

ぞうきんにレースカーの模様を縫い付ければ、ますます盛り上がるはずだ。お気に入りのレースカーをモチーフにしたぞうきんを家族でそろえて、『レディ・プレイヤー1』のレースの気分でぞうきんがけを楽しみたい。

ドリームカーが勢ぞろいの『レディ・プレイヤー1』のレース。このイメージで気分を高めてぞうきんがけレースをやりたい


そこで、ぞうきんとハギレを用意して、「モンスターカー ぞうきん」を作ることにした。ぞうきんカーのモデルに選んだのは、カルト映画『デス・レース2000年』に登場する、主人公の愛車「モンスター号」だ。

モンスター号!!

スピルバーグの『レディ・プレイヤー1』とは違って、ロジャー・コーマンの『デス・レース2000年』は暴力と流血と裸にあふれた非道徳なレース映画だ。ただし登場するレースカーは、「モンスター号」をはじめ、「ライオン号」や「雄牛号」「ピースメーカー」など、チープで魅力的なデザインばかりだ。

ブレイク前のシルヴェスター・スタローンが出演していることでも知られる

緑色の布に、ハギレで目とたてがみと牙をつけて「モンスター号ぞうきん」の完成だ。

『デス・レース2000年』を子供に見せるわけにはいかないので、ぞうきんカーの元ネタは子供に知らせずに、一人で盛り上がって縫っていた。その様子を見ていた娘が、「わたしも作りたい」と言い出した。

娘(当時5歳)の、生まれてはじめてのおさいほうが、デスレース用モンスターぞうきんで良いものか、躊躇したが、せっかく針仕事に興味を持ったチャンスを逃してはいけない。オリジナルのモンスターカーぞうきんを自分で作ってもらうことにした。

娘にとっては、厚手のぞうきんに厚いフェルトを縫い付けるのは大変そうだったが、苦労の末に、かわいいモンスターカーぞうきんが完成した。

変な位置に顔を付けている。理由を聞いたら「ぞうきんがけの途中で、たたみ方を変えると、モンスターのかおが変わるの」という。

なんということだ。

娘の方がよっぽど、B級映画のスピリットを理解しているではないか。レースの状況によって、車がいきなり変形する。これぞ、デスレースの醍醐味だ。完全にコンセプトで負けた。

さあ、ぞうきんがけデスレースの開幕だ。デヴィッド・キャラダイン気分で、娘と床を爆走する。

ぞうきんがけデスレースにエントリーさせたい名車は、他にもいくつもある。

「マッハGoGoGo」のマッハ号や、

Kenyirotsuru, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

「ナイトライダー」のK.I.T.Tや、

TheeCleveland, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

「AKIRA」の金田のバイク

Ishikawa Ken, CC BY-SA 2.0, via Wikimedia Commons

 

家のぞうきんを、夢のレースカーでそろえよう。ただし、あくまでぞうきん、あまり完成度を高めすぎると、汚すのがもったいなくて使えなくなるので、適当なクオリティで止めておくのがよさそうだ。


万が一『デス・レース2000年』を見たいという人がいたときのためにDVDの広告を貼っておきます。

Amazon.co.jp: デスレース2000 [DVD] : デヴィッド・キャラダイン, シルヴェスター・スタローン, サイモン・グリフィス, ポール・バーテル, デヴィッド・キャラダイン: パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: デスレース2000 : デヴィッド・キャラダイン, シルヴェスター・スタローン, サイモン・グリフィス, ポール・バーテル, デヴィッド・キャラダイン: パソコン・周辺機器
タイトルとURLをコピーしました